治療費

※全て税別価格です

詰め物

ゴールド
35,000 〜 40,000
金合金で製作する詰め物です。
メリット
  • 金合金のため錆びにくい
  • 長期間使用しても金属アレルギーが起こりにくいため、適合性が高い
  • 素材として硬すぎないため、歯の噛み合わせによって健康な歯を傷めにくい
デメリット
  • 値段が高い
  • 色が金色
ハイブリッド
30,000
セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜて作られたインレー(詰め物)です。
メリット
  • 保険よりも見た目が良い
  • 金属アレルギーがない
デメリット
  • 磨り減りやすい
  • 時間が経つと変色する場合がある
オールセラミック(e-max)
50,000
セラミックで製作する詰め物です。
メリット
  • 自然な審美性
  • 天然歯に近い強度
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 噛む度に磨り減ったりしにくい
  • 吸水率が低いため、着色しにくい
デメリット
  • 保険よりコストがかかる
  • 歯ぎしり、食いしばりで割れる場合がある

被せ物

ゴールド
75,000 〜 80,000
金合金で製作する被せ物です。
メリット
  • 金合金で作られているため、しなやかで歯との適合性も良い
  • 天然歯に近い硬さで咬み合う歯を傷めない
  • 歯肉との境界が黒くなりづらい
  • 噛む力の強い奥歯での使用に向いている
デメリット
  • 金色で審美性が劣る
  • 高価
メタルボンド
80,000
金属の上にセラミックスを焼き付けて製作する被せ物です。
メリット
  • 強度・審美性に優れている
  • 磨り減りにくく変色もない
デメリット
  • 高価
  • 金属アレルギー
  • 表面のセラミックがかける場合がある
セラミック(e-max)
80,000
金属の上にセラミックスを焼き付けて製作する被せ物です。
メリット
  • より自然な色合いと形を再現
  • 長年の使用にも変色しない
  • 健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさが保たれる
デメリット
  • 高価
  • 割れる場合がある
ジルコニア(単色)
60,000
人工ダイヤモンドと言われるジルコニアで製作する白い被せ物です。
メリット
  • 耐久性に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 細菌が付着しにくい
  • 変色しにくい
デメリット
  • 単色なので前歯には不向き
  • 高価
ジルコニア(マルチレイヤー)
90,000
メリット
  • 単色よりも自然な仕上がりで耐久性に優れる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 細菌が付着しにくい
  • 変色しにくい
デメリット
  • 高価
ファイバーコア
10,000
メリット
  • 硬さが本物の歯と似ているため歯が受ける衝撃を分散してくれる
  • 新しくつけた歯が長持ちする
デメリット
  • 金属と違い強い衝撃で折れてしまう危険がある
  • 被せ物を作る際に必要になることが多い

総入れ歯

金属床義歯(コバルト)
240,000
入れ歯の主要部分を金属で作った総入れ歯です。
メリット
  • 薄いため、異物感が少ない
  • 温度感覚が自然に近いため、ご飯が美味しく感じる
  • プラスチックと比べて割れにくい
デメリット
  • 修理が困難
  • 高価
金属床義歯(チタン)
400,000
入れ歯の主要部分を金属で作った総入れ歯です。
メリット
  • 薄いため、異物感が少ない
  • 温度感覚が自然に近いため、ご飯が美味しく感じる
  • プラスチックと比べて割れにくい
  • コバルトよりも軽い
デメリット
  • 修理が困難
  • 高価

部分入れ歯

金属床義歯
240,000
入れ歯の主要部分を金属で作った総入れ歯です。
メリット
  • 薄いため、異物感が少ない
  • 温度感覚が自然に近いため、ご飯が美味しく感じる
  • プラスチックと比べて割れにくい
デメリット
  • 修理が困難で場所によっては金属が見える
  • 高価
ノンクラスプ義歯(バルプラスト)
100,000
金属の留め具がないタイプの部分入れ歯です。
メリット
  • 金属製のバネを使用しないため、目立たず審美性に優れている
  • 入れ歯を薄くできるため、軽くて違和感が少ない特徴がある
デメリット
  • 長期間使用するとやや変色し、劣化しやすい傾向がある

矯正歯科

相談料
0
矯正治療についてのご相談を受け付けています。
診断料
0
お口の状態を見させていただいて、適切な矯正治療をご提案します。
ブラケット矯正
600,000 〜 800,000
ワイヤーを用いた一般的な矯正方法です。
使用製品: 金属、クリアなど
メリット
  • 取り外しができないため効果が比較的確実で早い
デメリット
  • 虫歯になりやすい
マウスピース型矯正
700,000
専用のマウスピースを作成して行う矯正方法です。
使用製品: インビザライン
メリット
  • 透明なマウスピースで矯正していることに気づかれにくい
デメリット
  • 取り外しのため、患者自身の装着状況で効果にムラが出る
  • 長時間の装着が必要
調整料
3,000
ブラケットやマウスピースの調整を行います。
部分矯正(MTM)
50,000 〜 200,000
ブラケットなどを用いて主に前歯の気になる箇所だけを部分的に治していく矯正歯科治療です。
使用製品:ブラケット、ワイヤーなど
メリット
  • 気になる部分の歯並びが短期間で整う
  • 治療費が抑えられる
デメリット
  • かみ合わせに問題があると、できない事がある(適応が限られる)
  • ひどくデコボコな歯並びや極端な出っ歯等、歯並びの不揃いが重度の場合は、対応できない

小児歯科

小児矯正(1期治療)
30,000 〜 300,000
3歳~12歳くらいの成長段階に合わせて行う矯正治療です。
メリット
  • 将来、抜歯をせずに歯並びが綺麗にできることがある
  • 悪習癖の早期治療が見込める
  • 永久歯が正常な位置に並んで生えてくるように誘導できる
デメリット
  • 親の協力が不可欠
小児矯正(2期治療)
200,000 〜 300,000
永久歯に生え変わってから行う矯正治療です。
メリット
  • ブラケットtpワイヤーを用いて不正咬合を悪くさせない予防になる
  • 永久歯列期の治療をしなくても良い可能性が高い
デメリット
  • 矯正期間が長くなることがある
  • 大人になってから再度矯正が必要になる場合がある

ホワイトニング

ポリリン酸オフィスホワイトニング
10,000
歯科医院で行うホワイトニングです。
使用製品: ポリリン酸ホワイトニング
メリット
  • 従来の方法に比べ知覚過敏が起きにくい
  • ステインの除去・色素沈着防止で自然なキラキラした美しい歯になる
  • ホワイトニング直後でも食事制限が特にない
  • 安全性が高い
  • 歯周病予防にも効果的
デメリット
  • 妊娠中や授乳中は避けるべき
  • 乳歯はできない(18歳以上が安全にできる)
ポリリン酸オフィスホワイトニング(3回コース)
30,000
歯科医院で行うホワイトニングで、短期間に3回行うコースです。
使用製品: ポリリン酸ホワイトニング
メリット
  • 従来の方法に比べ知覚過敏が起きにくい
  • ステインの除去、色素沈着防止で自然なキラキラした美しい歯になる
  • ホワイトニング直後でも食事制限が特にない
  • 安全性が高い
  • 歯周病予防にも効果的
デメリット
  • 妊娠中や授乳中は避けるべき
  • 乳歯はできない(18歳以上が安全にできる)
  • 短期間の来院が必要
  • 照射中はしみることがある
ホームホワイトニング
20,000
自宅でできるホワイトニングです。
メリット
  • 自宅でできる
  • 医院に行かなくても好きな時間にできる
デメリット
  • マウスピースの作成が必要
  • 薬剤の管理が必要
  • 効果がでるまで時間がかかる